エアドゥの航空券を忘れた!紛失した!困ったときの支払いは?

エアドゥは地域航空会社の一つで、国内旅行をするには利用しやすい航空会社となっています。
もし、旅行に行こうと空港に行ったにも関わらず、予約した航空券を忘れた!と気がついたり、紛失した!と冷や汗をかいた経験はありませんか?
このような状態になるとパニックになってしまいますが、こんなときのための対処法や支払い方法を知っておくと便利です。

エアドゥの航空券を忘れた、紛失した場合は?

エアドゥの航空券を忘れたり紛失したりした場合は、どうすれば良いのでしょうか?
エアドゥの場合、予約した航空券が手元にない状態でも代替航空券を購入して搭乗することができます。
そのかわり、代替航空券の費用の払い戻しには払い戻し期限と手続きが必要になってくるので、確認してから手続きをしましょう。

手続きに必要なのは?

まず航空券の有効期限を確認する必要があります。

【航空券発行日の翌日から90日】

・片道運賃
・往復運賃
・小児運賃
・北海道発往復運賃
・道民割引
・身体障がい者割引運賃
・MICE割引運賃
・DOシニア60
・当日シニア65
・AIRDOスカイメイト

【予約便のみ】

・AIRDOスペシャル75・55・45・28・21
・DOバリュー3・1
・就活支援割引運賃

これらの航空券にはそれぞれ有効期限があるので、予約するタイプの内容を確認しておきましょう。
忘れた航空券の払い戻し有効期限までに、忘れた航空券と二重購入証明書、代替航空券をクレジットカードで購入した場合はその該当するカードを持って、エアドゥカウンターもしくは購入先の旅行代理店で払い戻しができます。
手数料として430円が必要となります。

もし航空券を紛失したが見つかった場合、払戻有効期限満了日から3ヶ月以内を期限としますが、もし見つからなかった場合は払戻有効期限満了日から約3ヶ月経過したあとに郵送で払戻可否の連絡があります。
紛失となった場合には、書類や手続きに多くの時間や手間がかかってしまうだけでなく、手数料の支払いも必要になってきます。
航空券を忘れたり紛失したりすることがないように、きちんとわかりやすい場所に保管しておくことをおすすめします。